外壁塗装ドットコム | 外壁塗装10年保証/技術のあおい塗装

外壁塗装の
保証について
外壁塗装の
相場・概算
具体的な費用
塗装価格
あおいの
高品質施工
低価格の理由
自社施工
各種・塗料の
耐用年数
日本ペイント
の商品考察
お客様の
100%満足へ
あおい塗装の
施工事例

外壁の違いで
適切な塗料は?
サイディング
の外壁
モルタルの外壁
ALC
(軽量気泡
コンクリート)
ブロック塀外

外壁のトラブル
メニュー
外壁の
クラック現象
外壁塗装の
チョーキング
外壁塗装の
腫れ・剥がれ
外壁の汚れ
防汚、低汚染

工事対応地域
ブログ・翡翠
問い合わせ
相談・質問
個人情報
保護方針



あおいの外壁塗装、品質の満足100%、優秀な技術と低価格;その理由は?

 外壁塗装費用、塗料別、概算費用
 外壁塗装:人気の塗料は?
 フッ素塗料って良いのか?長持ちする理由
 塗装技術とは?あおい塗装の優位点
 あおいが人気の理由、満足度100%の訳
 良い塗装屋さんか判断に迷うとき !?
あおい塗装の外壁・防水塗装の技術・品質の高い理由;ゼネコンが要求する品質を街のペンキ屋さんの価格・費用で!
 外壁塗装の品質って何? 綺麗に施工すること? あおいの外壁塗装が高品質な訳:
 外壁塗装各社、高品質を謳っていますが、その理由・根拠を述べていますか?
 価格の安いことを言っていますが、何故安いのか?その理由を述べていますか?
 外壁塗装;お客様満足度100%の為に、あおい塗装が実施していることとは?
 プロが使う外壁用「塗料」は、どんな塗料か?人気の塗料とは?
 あおい塗装で契約される塗料のランキング(シリコン塗料)
 塗装の耐用年数って何?どうやって決めているのか?
 外壁塗装の用途;シリコン塗料、3社の比較、何が違うのか?詳しい解説;
 フッ素樹脂塗料の長寿命の訳、塗料の劣化する仕組みとは?
 外壁を汚れから守る低汚、防汚とは何か? 親水性との関係
 あおい塗装の営業範囲、営業地域、施工可能地域

 外壁塗装;品質保証の内容:
外壁塗装の広告で10年保証を謳っているお店はそんなに多くないです。10年保証はあおい塗装の技術の自信であり、きちんと仕事をしていれば当たり前のことなの です。 しかしメーカーの仕様で耐用年数が7年なのに10年保証はできませんし、木部も10年の保証はできません。シリコン塗装は10年保証ですが、フッ素樹脂塗装の保証 は12年です。また全ての不具合、現象に保証がつく訳ではありません。では、どの内容について保証ができるのでしょうか? その保証内容についてお知らせします
 ゼネコンが要求する品質を街のペンキ屋さんの価格で:
 外壁塗装会社のサイトで、高品質をうたっているサイトがありますが、何故、どこが高品質なのかを言っていません。 広告で言うのは誰でもできますが、その根拠を示すのは意外と難しいです。「あおい」は、その理由と根拠を示すことができます。
  高品質の理由:
●外壁工事の速さ;
   普通の街のペンキ屋さんとゼネコンの要求する塗りのスピード・技術レベルが違います。
●今までにクラックがあったか?
●トラブルの対処法そのレベル
●技術力の違い   ・ ・ ・  「あおい」の高品質施工の理由
 高い外壁塗装・技術と自社施工が低価格の理由です。
 外壁塗装専門の施工・工事会社であるあおい塗装は、自社内の営業と職人で仕事をしています。他のペンキ屋さんは足場は足場屋さんに依頼しますが、足場も自社 でやっていますし、自社で全て仕事が完結しますので、間違いのない工程、高効率で工数のかからない素早い施工ができるから低価格なのです。塗料を安く仕入れら れるから、人件費を削っているからではありません。 ・ ・ ・ 低価格の理由

 高い外壁塗装・技術と自社施工が低価格の理由です。
 お仕事を頂いて、お客様にその仕事に満足して頂けるのには何が必要でしょうか?どうしたら「ああ、高い施工費用を払ったけど良い仕事をしてもらった。と思って 頂けるのか? また見積段階で不安無く仕事を依頼してもらえるのか?「あおい」は常に考えています。仕事の質が落ちて(いろいろな意味で)評判が下がって仕事 の依頼が来なくなる。 そうならない為に何をしているのか? 
 ・ ・ ・ あおい塗装はこんなことをやっています。

 外壁リフォーム;自社施工が良い理由;何故 高品質と低価格が実現できるのか?
 高品質、自社施工と施工価格は、非常に強い因果関係があり、自社施工するから高品質でコストが抑えられ、お客様への提示価格が低くなるのです。
そして、大林組、竹中工務店、清水建設、大成建設などのゼネコンの現場で鍛えた技術と経験が、今の外壁塗装技術を支えています。この技術の 高さが高品質の証明です。施工の速度は技術の裏打ちが必要です。人件費を削らず工数を減らすことで、施工コストを削減しているのです。
第2に自社施工が何故コストを下げるのか? 例えば足場も自社でやります。他社さんは、足場の業者に依頼するので、コスト高です。 またお客様と契約する業者を元請け業者と言います。その元請け業者が直接工事をやるのが自社施工、自社でやらず下請けや提携業者にやらすのを丸投げ施工な どと言います。そして元請けはマージンを取ります。コスト高になる訳です。

建築会社、工務店は、自社では外壁塗装をしません。下請けの塗装屋に依頼です。そして工務店は20〜30%もの中間マージンを持っていきます。 インターネットで紹介されている業者紹介サイトは、紹介会社がやはりマージンが 15〜30%です。ホームセンター経由は25%〜30%程度です。 残念ながらこの建築業者、リフォーム業界はそうゆう業界で、何か手配をする、知り合いの業者を紹介したら、その紹介者は、必ずバックマージン (中間マージン)を貰っていると思ってください。 ですので塗装屋直接に依頼するのが、理論的には一番信用できて価格も一番安いのです。
自社施工が高い品質になるのは:
あおい塗装は、職長をいれて5〜6名のチームが5チームあり、この体制で現場に対応しています。何年もお互いの仕事の癖や、やり方などを熟知していますの で、お互い工程の理解、仕事の進み具合が良くわかるのです。そして会社全体でその現場の工程管理をしっかりやることができ、品質のレベルを高く保つこtが 可能となるのです。また高品質の仕事のやり方は、働く環境が抜群に良いので、職人さんのモチベーションも高く、やる気を保てる職場となっています。

 外壁の塗装屋が選ぶ適切な塗料は?
 塗料の選択は、次くらいに重要で、外壁塗装の耐用年数や品質を決定づけることになります。塗料の選択は、お客様の自由です。もしお客様がお気に入りのものがあ れば、それを使います。しかし、塗装をする対象、トラブルの処理や技術的にその製品が著しく適合しないものは、アドバイスさせて頂きますし、お薦めのものをご 紹介いたします。より綺麗で長く保つような製品を検討させて頂きます。
あおい塗装は現製品、又は製品のライフサイクルで出てくる新製品も鑑み日本ペイントの塗料を基本的に使います。外壁の種類にも依りますが、例外を除き一番信頼 のおける、メーカー品にて、ご提案・見積作成をさせて頂きます。


 ●例えば住宅の外壁塗装で良く使われる3社のシリコン塗料の解説;
塗料の選択は、次くらいに重要で、外壁塗装の耐用年数や品質を決定づけることになります。塗料の選択は、お客様の自由です。もしお客様がお気に入りのものがあ れば、それを使います。しかし、塗装をする対象、トラブルの処理や技術的にその製品が著しく適合しないものは、アドバイスさせて頂きますし、お薦めのものをご 紹介いたします。より綺麗で長く保つような製品を検討させて頂きます。

あおい塗装は現製品、又は製品のライフサイクルで出てくる新製品も鑑み日本ペイントの塗料を基本的に使います。外壁の種類にも依りますが、例外を除き一番信頼 のおける、メーカー品にて、ご提案・見積作成をさせて頂きます。
住宅の外壁塗装で良く契約を頂くシリコン樹脂塗料、基本的にどの会社の塗料でも塗料いたしますが、どの塗料が良いか? 一番良いシリコン塗料はどれか?良く問題になり、価格との関係も重要になります。参考までに大手シリコン樹脂塗料のメーカー エスケー化研、日本ペイント、関西ペイントのシリコン塗料について解説いたします。
アクリルシリコン樹脂塗料の寿命
正式名:アクリルシリコン樹脂塗料、略してシリコン塗料です。塗料、塗膜の耐用年数、耐候性は、塗料の主成分である樹脂で決まります。この樹脂の成分が シリコンの場合おおよそ 10年〜12年程度です。違った意見ももちろんあります、エスケー化研は 12年〜15年と言っています。日本ペイントや関西ペイント のサイトでの公式な耐用年数は記述がありません。塗装屋さんのサイトでもまちまちです。もちろんメーカーの保証はなく、塗装の保証は塗装屋さんが出して それは当たり前で塗料メーカーはどのように塗装されたか?下地と塗料、下地処理が正しく処理されているか?わからないからです。
塗装の耐用年数って何?どうやって求めるのか?
耐用年数はどのように求めているのでしょうか?実際に10年とか15年とか塗ったものを放置して観察しているのでしょうか?もちろん防爆試験というのも 塗料メーカー各社行っていますが、それはある環境下での実験データであって、全ての環境(外壁のある地方、場所、夏、冬の違い、太陽光線、紫外線のあたり 具合によって大きく寿命は違います。そもそも耐用年数の定義がどこにも書いてありません。メーカーは次の塗装時期はいつごろなのか?塗替えのサイクルは どれくらいで、30年間ではこちらの方がメンテの費用が少なくて済む。などとはっきりした寿命、耐用年数が書かれていません。 多分塗料の業界ではきちっと した耐用年数の定義はされていない?と思います。
ではここに示した耐用年数、メーカーが言っている耐用年数は何か?という疑問が当然あると思います。耐用年数には実は2つ意味があって一つは塗料の機能が 失われたとき、もうひとつは見栄えが悪くなってしまったときです。これは塗装の意味、目的を考えると良くわかります。何の為に塗装するのか?ひとつは家を 守る為、外壁材料(モルタル、木材、金属、化学物、石等)の劣化を守って家そのものを雨、風、外部の環境から守ることです。もう一つは家の外観をつくる 維持することです。こちらも非常に重要な機能で家のデザイン、意匠は、外壁の形、色、材料が決めていると言っても過言ではありません。外壁は、このように 家にとって重要な部分です。外壁の美観が失われることは家にとって重大事なのです。ですから外壁の美観が失われたら耐用年数が来たということなのです。 ではその美観が失われるのはいつなのか?これも定義が難しいところです。しかし外壁の塗装の寿命はこのように2つの意味があることを頭にいれて、再塗装を 検討してもらいたいです。
シリコン塗料の選び方 塗装の耐用年数は塗料に含まれる樹脂、つまりシリコン樹脂でほぼ決まりますので、シリコンを選んだらその耐用年数もおおよそ決まります。シリコン塗料でも メーカーは激しい競争をしていますので、いろいろな付加価値が付いています。それは水性塗料、汚れ難い仕組みの防汚、防藻、防カビ、色が単色ではない機能 遮熱、弾性機能です。そしてこれらの機能がついているかで塗料としての価格が変わります。シリコン塗料としての基本の製品が各社あって;

●エスケー化研では:
水性セラミシリコンが水性シリコン塗料の中核製品と思われる。それは水性のシリコン塗料だけで11種の製品を出しているが、そのうちの 売れ筋である水性セラミシリコンは、JIS規格を取っていて、A 6909 建築用仕上塗材耐候形1種です。これは塗料の耐候性(耐用年数に関係する規格)で規定の キセノンランプ照射で(強烈な人口紫外線照射試験)2500時間連続照射で光沢保持が80%以上という試験に合格した塗料です。 全ての塗料でJIS規格で合格しているでのはなく、重要と思われる製品を試験するのである。水性シリコンでJIS規格の合格を持っているのは、水性セラミシリコン を入れて3つ。JIS規格を通すのにはお金と人手がかかるので全製品はやらない。会社として売りたい「エスケープレミアムシリコン」でさえJIS規格品ではない。
●日本ペイントでは;
会社の言う「シリコン伝説」の代表製品と言っているので、売れ筋であり、コストパーフォーマンスも良く同社のシリコン塗料の基本製品・中核 製品であることは間違いない。水性シリコン塗料を5種類だしているが、エスケー化研程、水性シリコンに力が入っていない、現在の売れ筋と売りたい製品が違って いるように見える。しかし「水性シリコンセラUV」は間違いなく同社のヒット商品でありシリコン塗料製品の中核である。
●関西ペイントでは;
水性シリコン塗料を5種、弱溶剤で6種、溶剤形では製品がない。そのうち水性ではコスモシリコンが基本のシリコン塗料では?と思われる 売れ筋ではあるし、耐候性試験でもキセノンランプの紫外線連続照射試験で光沢保持80%を 2500時間までクリアーしている。JIS A 6909も条件付きで合格している。
上記は、シリコン塗料の各社の基本形を探してみたのですが、この基本形にいろいろ他の機能を付けて製品のバリエーションを出しています。塗料を選ぶときに 価格も重要な要素でありますが、機能面から考察してみたいと思います。

まず、水性塗料にするか?溶剤系塗料にするか?重要な選択があります。あの嫌なシンナーや芳香系の臭いです。シンナーは気化した高濃度のものを吸引すると めまいや頭痛、ひどくなると意識障害も起こす怖い物質です。今はシックハウス症候群の問題もあり住宅用で強い溶剤系の塗料は極少なくなりました。水性塗料 ならこの心配はありません。次に耐用年数の希望からどの種類(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の内、他にもありますが・・・)を選ぶかです。 例えばコストパーフォーマンスの一番良い、「シリコン系」を選択すると、今度は希望の機能を言う時です。例えば次の機能があります。
  ●艷のあるなし、艷の度合い
●防汚:塗料で汚れを防ぐ機能、最近非常に良く採用される機能
●防藻:藻、藻類、苔の類の防止、胞子が付着しても育てない機能
●防カビ:カビの防止
●遮熱:太陽光線の熱線を防ぐ機能
●弾性:硬い塗膜だとヒビが入りやすいので柔らかい塗膜「弾性塗料」
●水性:既に選んでいるけども、塗料を水性にしたのは一つの機能
●多彩模様: 例えば関西ペイントの水性ゾラコートEX(下図参照)
●色:もちろん色も機能

 さあ、あなたも、このサイトを利用してあおい塗装で納得の外壁塗装をしてください。
詳しい利用方法は、下記までご連絡ください
外壁塗装ドットコム・トップページへ
塗り技術の優劣は広告では証明するのは困難ですが、外壁塗装の技術の高さ故価格を抑えることができるのです。
それをきちんと説明している外壁塗装業者はいません。なぜ高品質で価格が相場なのか?塗装の技術は下地の見識、対処の
やり方、塗料の選び方、塗装のスピード、正確さ等です。これをきちんと全て実施して、技術のある優秀な塗装屋です。
あまり「安い」とか「高品質」とかの「言葉」だけに踊らされないように本物の塗装技術を提供する業者を選んでください。
「外壁塗装ドットコム」 by あおい塗装/copy rights all reserved